大力屋・つちや

35:「大力屋」 【末広町商店街】

・変わらぬ味 名物は大あんまき

「甘味と餅ならここ」と、古くから住民に親しまれている店がある。約80年前に創業した和菓子処「大力屋」だ。現在は3代目店主の赤尾富佐夫さん(66)、妻の厚子さん(62)が切り盛りする。

「大あんまき」や「ういろう」がよく知られる。冬場のきび餅や、地元でぼろ餅と呼ばれ、うるち米を少し混ぜたのりこわ餅、夏場の鬼まんじゅう(いもようかん)ほか、色鮮やかで上品な甘さの寒天菓子「錦玉(きんぎょく)」も人気が高い。歴史を重ねても、店を広げることなく地元で、のれんを守り続けている。

「素材にこだわり、手を抜かない仕事を」。富佐夫さんは、京都の和菓子店で修業を積んだ2代目の父がいつもそう話していた、と振り返る。店を創業したのは祖父だが、先代が店のすべての商品を生み出してきた。

富佐夫さんは5人兄弟の次男として育ち、ごく自然に店に入った。父の背中を見て和菓子づくりを学び、伝統の味を仕込まれた。「味や製法は創業時からまったく変えていない。素朴な味だが手間ひまをかけている」と富佐夫さんは力を込める。

あんこのおいしさをストレートに味わえるのが創業時からの名物、大あんまき(1本630円)だ。直径8センチ、長さ約20センチ。厳選した北海道産の小豆を炊いたあんこは約600グラムとずっしり。小麦粉と玉子などでしっとりと焼き上げたどら焼き風の皮で巻き、粒あんとこしあんの2種類が楽しめる。上品な甘さで、あんこが苦手という人でも食べやすい。
もうひとつの看板メニューのういろうは、白、黒、抹茶の3種類(各1本210円)。洋菓子のようなカラフルさはないが、手頃な価格な上に、素材や蒸し加減にこだわりぬいて作られた商品で、お茶受けとして女性に支持され続けている。

近所のお年寄りに「この変わらない味が楽しみ」と言われ、「変わり続ける世の中にあって、変わらない味があってもいいのでは」と、富佐夫さんは誇らしげに語り、これからも伝統の味を守り続けていくつもりだ。

【あゆみ】
約80年前に現在の場所で創業。戦後すぐは和菓子に必要な砂糖などが不足し、1年間ほどパチンコ店に業態を変えたが、材料が入るようになると店を再開した。以来、変わらない味を守り続けている。

【メモ】
瀬戸市末広町3の8
名鉄瀬戸線尾張瀬戸駅から東へ徒歩10分
アーケード東口より4軒目の南側
TEL:0561-82-3625
営業時間:午前9時〜午後6時半(火曜休み)

名物の大あんまきを前に3代目店主の赤尾富佐夫さんと妻の厚子さん 【写真をクリックで拡大】

名物の大あんまきを前に3代目店主の赤尾富佐夫さんと妻の厚子さん 【写真をクリックで拡大】

看板メニューのひとつ「ういろう」 【写真をクリックで拡大】

看板メニューのひとつ「ういろう」 【写真をクリックで拡大】

創業80年の大力屋 【写真をクリックで拡大】

創業80年の大力屋 【写真をクリックで拡大】

36:学生服の「つちや」 【末広町商店街】

・丈夫で長持ち オリジナル制服

創業80余年の「つちや」は、瀬戸市内を中心にした中・高校の制服を取り扱う学生服専門店だ。制服のほかにも、体操服、かばん、上履きなど指定品目一式がすべて揃う。

2代目店主、土屋辰江さん(73)、長男で3代目の精嗣(せいじ)さん(47)が切り盛りする。「丈夫で機能性にすぐれ、3年間安心して着てもらえる制服を」と、学生服メーカーと共同開発したオリジナルの制服をメーンに提供している。

オリジナルの制服は、生地や縫製など品質のよさにこだわる。丈夫であるほか、洗濯機で丸洗いができアイロンかけの必要もない。速乾性にもすぐれ、夕方洗って干せば翌朝には着用できるため、クリーニング代も大幅に節約できるという。精嗣さんは、「安いものでいい、というお客様もいますが、擦り切れたり、型崩れしたりして長持ちしません。よいものを求めた方が結局は経済的ですよ」と話す。

販売歴57年の辰江さんは、子どもをひと目見ただけで3年間着られる最適なサイズを見立ててくれる。特に男子は成長期でもあり、「それを見越したサイズ合わせが大事」。袖や裾の具合など的確なアドバイスをしてくれる。採寸は要望を聞きながら、一人ひとり丁寧に行っている。「出来上がった制服を着て、うれしそうにする子どもたちを見ること、また私たちも共に成長できることに幸せを感じます」と辰江さん。

成長に合わせたサイズ直しやほつれ修理など、3年間無料のアフターケアも充実。サイズデータは3年間保管されており、保護者がサイズを覚えておかなくてもすむのもありがたい。データがあるため、体操服やカッターシャツなど後々の注文にも電話1本で対応できるという。

「昭和の時代に比べて中学生の数は半分くらいに減った」と辰江さん。店としては厳しい時代を迎えているが、「子どもたちの学生生活を快適に過ごせるよう応援している」と、2人は口をそろえる。

【あゆみ】
精嗣さんの祖父、近三郎さん(故人)が約80年前、「つちや賀川服商店」として現在の場所で創業した。当初は足袋など男性用の総合衣料品店として営業していた。2代目の代になり学生服専門店になったという。

【メモ】
瀬戸市末広町2-14。
名鉄瀬戸線尾張瀬戸駅から東へ徒歩10分
TEL:0561-82-2497
営業時間:午前10時~午後8時(火曜休み)

のれんを守る土屋辰子さん、精嗣さん 【写真をクリックで拡大】

のれんを守る土屋辰子さん、精嗣さん 【写真をクリックで拡大】

オリジナルの制服が並ぶショーウインドー 【写真をクリックで拡大】

オリジナルの制服が並ぶショーウインドー 【写真をクリックで拡大】

創業80余年の学生服のつちや 【写真をクリックで拡大】

創業80余年の学生服のつちや 【写真をクリックで拡大】

番組に対するご意見・ご感想をぜひお聞かせください。
メール info@845.fm
FAX 0561-97-0845

当日の放送はこちらから↓

This entry was posted in 35:大力屋, 36:つちや, 末広町商店街. Bookmark the permalink.

4 Responses to 大力屋・つちや

  1. Pingback: 末広町商店街振興組合 | 突撃!瀬戸のげんき商店

  2. Pingback: 全記事一覧 | 突撃!瀬戸のげんき商店

  3. Pingback: 学生服のつちや | 突撃!瀬戸のげんき商店

  4. Pingback: 川村屋賀栄 | 突撃!瀬戸のげんき商店

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>