川村屋賀栄

193:「川村屋賀栄」 【中央通商店街】

・伝統を背負う若い感性

2013年12月12日にも紹介。
瀬戸川のほとりに建つ和菓子屋「川村屋賀栄」。
大正時代に建てられたという趣あふれる建物は瀬戸に無くてはならない風景の一つとなっている。

7代目の加藤無我さんに夏のオススメを尋ねてみた。
「夏みかんをふんだんに使った焼き菓子『四季百果』はいかがでしょう?その他にも水ようかんや麩饅頭といった、冷やしてあっさりと食べていただけるものがいいかと思います」。特に「四季百果」はこれからも季節ごとの果実を使って、四季を感じさせる商品として売り出して行きたいとのこと。

その他にも「自身の若い感性を活かした商品を作っていきたい」と語る無我さんのアイデアから生まれた猫饅頭「たま」は特筆モノである。猫の肉球を型どった可愛らしい饅頭の中にはこし餡がたっぷり。和菓子というイメージに囚われ過ぎない若い無我さんならではのポップな商品だ。

その一方で伝統を重んじることも決して忘れない。看板商品である「瀬戸川饅頭」は下準備から出来上がりまで4日もかかるとのこと。作業効率を考え、他の商品と同時進行で作っていくのだが、決め手となる餡の仕込みには付きっきりで離れることはないなど、手を抜くことができない場面も多く、非常に手間がかかるという。「それでもお客様が買ってくださる限り、絶対サボれませんね」と無我さんは笑う。

昔より和菓子には季節との深い関わりがあるという。川村屋賀栄はそんな季節の風情をいつも商品に込めて送り出している。

【メモ】
瀬戸市栄町25
尾張瀬戸駅から瀬戸川沿いを東へ3分
営業時間:8時半~午後6時
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)
TEL:0561-84-2221
地図はこちらから

番組に対するご意見・ご感想をぜひお聞かせください。
メール info@845.fm
FAX 0561-97-0845

7代目の加藤無我さん(右)と 【写真をクリックで拡大】

7代目の加藤無我さん(右)と 【写真をクリックで拡大】

猫の肉球を型どった中にこし餡が入った猫饅頭「たま」 【写真をクリックで拡大】

猫の肉球を型どった中にこし餡が入った猫饅頭「たま」 【写真をクリックで拡大】

川村屋賀栄の商品には細やかな気配りとこだわりが注がれている 【写真をクリックで拡大】

川村屋賀栄の商品には細やかな気配りとこだわりが注がれている 【写真をクリックで拡大】

風格のある川村屋賀栄の外観 【写真をクリックで拡大】

風格のある川村屋賀栄の外観 【写真をクリックで拡大】

当日の放送はこちらから↓

This entry was posted in 10:川村屋賀栄, 中央通商店街. Bookmark the permalink.

2 Responses to 川村屋賀栄

  1. Pingback: 今週のダイジェスト放送(8月24日) | 突撃!瀬戸のげんき商店

  2. Pingback: 全記事一覧 | 突撃!瀬戸のげんき商店

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>