橋角屋・入久

33:「橋角屋」 【末広町商店街】

・暮らしの中に和の文化

名鉄瀬戸線尾張瀬戸駅から歩いて10分。
この地で商売を始めて100年余の老舗呉服店。
店の自慢は豊富な品揃えと品質で、店内には常時500枚以上の振袖や留袖などが並んでいる。
「厳選して仕入れた商品を、その場で見て、触れて、納得した上で購入してもらいたい」と、5代目の小出英正さん(40)は力を込める。

大学を卒業後、県外での5年間の修業を経て2000年、27歳の時に瀬戸へ戻った。
父の一博さん(74)とともに「橋角屋」の家業に励んできた。
入社当初はまさに目が回る忙しさだった。
それでも、10年ほど前から着物への需要の低下を感じている。
「まずは着物を着る楽しみを知ってもらうことから始めないと」。
積極的に動き始めた。

同店での着付け教室(毎週水曜)のほか、簡単に着られるように加工した1着3800円の丸洗いできる化繊着物の販売や、店舗2階に備えた乾燥室での着物の預かりサービスを行っている。
また、期間限定で、ポスターやカタログ掲載用にモデルが一度だけ着用した最新柄の振袖を、貸衣装料金よりも安い9万9800円で提供する企画も始めた。

さらに、振袖購入者へは、ヘアー、メイク、着付、写真撮影をはじめ、卒業式の無地袴の無料レンタルなど16もの特典を付けた。
やきもののまちの呉服店として、地場産業の振興に寄与できないかと、窯元と提携してオリジナルの赤津焼の「帯留」を販売するなど、新企画を次々に打ち出している。

英正さんは、「安心と満足感」を提供する専門店として、「着物のことなら橋角屋へ」と言われる店を目指している。
「日本の伝統文化を伝え、暮らしの中に和の文化を提案する店であり続けたい」

【あゆみ】
初代が1912(明治45)年3月、瀬戸市新道町で創業。
瀬戸川に架かる中橋の角に店を構えたことから、屋号を「橋角屋」とした。
37(昭和12)年6月に現在地へ移転した。
87年にレンタルショップ衣舞瀬戸店(川西町)、豊田店を開き、92年には橋角屋の東側3軒目におしゃれ雑貨の店京美をオープン。
4店舗で営業展開する。

【メモ】
瀬戸市末広町2の16
名鉄瀬戸線尾張瀬戸駅東へ徒歩10分
TEL:0561-82-2501
営業時間:午前10時〜午後8時(火曜休み)

着物の良さや魅力を伝える5代目の小出英正さん 【写真をクリックで拡大】

着物の良さや魅力を伝える5代目の小出英正さん 【写真をクリックで拡大】

瀬戸の老舗呉服店「橋角屋」 【写真をクリックで拡大】

瀬戸の老舗呉服店「橋角屋」 【写真をクリックで拡大】

34:特選乾物・自然食品「入久」 【末広町商店街】

・高品質な乾物を提供

1949(昭和24)年創業の「入久(いりきゅう)」は、のりや昆布、干ししいたけ、豆など乾物の専門店。
うなぎの寝床のような細長い店内には、全国から取り寄せた200種類ほどの商品が所狭しと並ぶ。
無添加の味噌や醤油、玄米スープ、有機栽培ココアなどといった自然食品も、県内では先駆けとなる約40年前から扱っている。

のれんを守るのは、3代目店主の加藤勇人さん(49)。
店に並ぶ商品は、どれも品質にこだわって仕入れたものばかりだ。
「現地の環境や加工される過程も確かめたい」と、産地にも出掛ける徹底ぶり。
特に干ししいたけや昆布などは仕入れたものの中からさらに選別するという念の入れようで、市内外の“本物志向”の顧客から信頼を集めている。

店名の「入久」は、創業者で祖母の小春さんがつけた。
「店に足を運んでもらったお客さんとは、幾久しくお付き合いを」との願いが込められているという。

年明けは軟らかい新豆の出てくる時期で、煮豆でおかずになる高級菜豆として知られる大福豆や虎豆、花豆類、あんこになる小豆などが店内に並ぶ。
昔ながらの一合マスで量り売りをしてくれる。

「自然環境の変化から天然の素材を集めるのが難しくなった」と加藤さん。「それでも品質を落とすことなく、創業時と変わらない商品を届けていきたいですね」と、惜しまぬ努力を続けていくつもりだ。

【あゆみ】
加藤さんの祖母小春さんが引き売りで商売を始め、1949年に現在の場所で創業。
60年ごろに陶器関連の仕事をしていた父博一(ひろいち)さん、母幸子さんが引き継ぎ得意先を広げてきた。
現在は加藤さんひとりで仕入れから販売、配達を行う忙しい日々を送る。

【メモ】
瀬戸市末広町2の19
TEL:0561-82-5949
営業時間:午前10時〜午後7時(火曜休み)
名鉄瀬戸線尾張瀬戸駅東へ徒歩10分。

品質のよい乾物にこだわる3代目店主の加藤勇人さん 【写真をクリックで拡大】

品質のよい乾物にこだわる3代目店主の加藤勇人さん 【写真をクリックで拡大】

めずらしい干した数の子も扱う 【写真をクリックで拡大】

めずらしい干した数の子も扱う 【写真をクリックで拡大】

レトロな雰囲気の入久 【写真をクリックで拡大】

レトロな雰囲気の入久 【写真をクリックで拡大】

番組に対するご意見・ご感想をぜひお聞かせください。
メール info@845.fm
FAX 0561-97-0845

当日の放送はこちらから↓

This entry was posted in 33:橋角屋, 34:入久, 末広町商店街. Bookmark the permalink.

2 Responses to 橋角屋・入久

  1. Pingback: 末広町商店街振興組合 | 突撃!瀬戸のげんき商店

  2. Pingback: 全記事一覧 | 突撃!瀬戸のげんき商店

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>