シバタ薬局

217:「シバタ薬局」 【品野商店街】

・地域とともに90年

創業90余年。国道248号「品野町6丁目」交差点角にある「シバタ薬局」の3代目店主で薬剤師の川口遼子さんは、「私が子どものころからの人たちがずっと来ていてくれる。不思議ですね」と振り返る。地元密着で地域の人々に頼りにされる一方で、「育ててもらった面も大きい」と謙虚に話す。

外から見るとわからなかったが、ひっきりなしに地域住民が相談にやってくる。白衣姿で店先に立つ川口さんは、「医療に関する相談のほか、日用雑貨の要望や問い合わせも多いんですよ。気軽に立ち寄ってもらえるサロンのよう」と説明する。

同店では、相談を受けて置くようになった医薬品以外の品も目につく。蚊取り線香の横には大量の使い捨てカイロが。「クーラーで冷え過ぎて。カイロないかね」との要望からだ。ほかにも、コンニャク作りで必要な凝固剤「精製ソーダ」に、やきものづくりに必要な薬品類、減塩しょう油なども置いている。

古い店だけに訪れる客は高齢者が多い。「だからこそ相談スペースを広げるなど居心地のいい店づくりをと思うんですが、なかなか時間が取れなくて」と川口さんは申し訳なさそうに話す。

在宅で家族の面倒を見ている人たちの手助けや、外出が困難になったお年寄りには医師の往診のように出向いたりする構想もあるという川口さん。「これからも地域密着で、助け、助られてやっていきたい」と話している。

【メモ】
瀬戸市品野町6の70
国道248号線「品野6丁目」交差点北西角
TEL:0561-42-0024
営業時間:月水金曜・午前9時~午後7時20分、火木曜・同~午後6時、土曜・同~午後3時(日祝日休み)
地図はこちらから

番組に対するご意見・ご感想をぜひお聞かせください。
メール info@845.fm
FAX 0561-97-0845

祖父、父の跡を継ぎ3代目当主として薬局を切り盛りする川口遼子さん 【写真をクリックで拡大】

祖父、父の跡を継ぎ3代目当主として薬局を切り盛りする川口遼子さん 【写真をクリックで拡大】

多数の薬品が並ぶ調剤室 【写真をクリックで拡大】

多数の薬品が並ぶ調剤室 【写真をクリックで拡大】

国道沿いにあるシバタ薬局 【写真をクリックで拡大】

国道沿いにあるシバタ薬局 【写真をクリックで拡大】

 

当日の放送はこちらから↓

This entry was posted in 217:シバタ薬局, 品野商店街. Bookmark the permalink.

One Response to シバタ薬局

  1. Pingback: 全記事一覧 | 突撃!瀬戸のげんき商店

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>