丸一国府商店

191:「丸一国府商店」 【中央通商店街】

・110年の歴史を誇る瀬戸のランドマーク的存在

2013年12月12日にも紹介。
尾張瀬戸界隈のシンボル的存在ともいえる丸一国府商店の大きな木造4階建ての店舗。明治の末に建てられ、非常に凝った作りの素晴らしい建物である。
かつて瀬戸川の拡幅工事の際、近代的な建築に建て替える議論がなされたが、この歴史的な建物はぜひとも残すべきだという声が多く挙がり、現在に至る。

狭く、急な階段を登り、天守閣と呼ばれる4階に登ってみると、目の前には窯神橋の交差点。瀬戸川からの風が心地よく吹き抜け、猿投山が遠望できる絶好のロケーション。かつては現在のように立て込んでいなかったので、山々がすべて見渡せたという。また北側には壁に面して丸窓があり、窯神山の眺めが借景として春には忠霊搭の桜、冬には雪景色、秋は紅葉といったように季節ごとに楽しめたとのこと。

非常に多くのアイテムを取り揃え、バラエティに富んだ商品が並ぶ店内は、季節ごとによって商品ライナップやレイアウトが変わる。その中でもオススメなのは「自身も好きなので」と店主の国府浩志さん自らが力を入れる織部焼の一角。売れ筋は織部焼でありながらも現代的なアレンジが施され、使い勝手が向上しているコンテンポラリーなもの。また織部焼は作家によってずいぶんと雰囲気が異なり、バラエティに富んでいるのも魅力である。
「ぜひ注目してもらいたい」と国府さんも太鼓判を押す。

【メモ】
瀬戸市栄町41
尾張瀬戸駅から瀬戸川沿いを東へ1分
営業時間:午前9時~午後7時
定休日:月曜日(祝日の場合は営業)
TEL:0561-82-2055
地図はこちらから

番組に対するご意見・ご感想をぜひお聞かせください。
メール info@845.fm
FAX 0561-97-0845

瑠璃色(藍色)の地に「丸一商店」という文字が施された磁器製の風格あふれる看板 【写真をクリックで拡大】

瑠璃色(藍色)の地に「丸一商店」という文字が施された磁器製の風格あふれる看板 【写真をクリックで拡大】

商品ライナップについて説明する店主の国府浩志さん(左) 【写真をクリックで拡大】

商品ライナップについて説明する店主の国府浩志さん(左) 【写真をクリックで拡大】

丸窓を通して窯神山の借景が楽しめる 【写真をクリックで拡大】

丸窓を通して窯神山の借景が楽しめる 【写真をクリックで拡大】

天守閣と呼ばれる4階からの眺めは素晴らしい、の一言 【写真をクリックで拡大】

天守閣と呼ばれる4階からの眺めは素晴らしい、の一言 【写真をクリックで拡大】

当日の放送はこちらから↓

This entry was posted in 11:丸一国府商店, 中央通商店街. Bookmark the permalink.

3 Responses to 丸一国府商店

  1. Pingback: 全記事一覧 | 突撃!瀬戸のげんき商店

  2. Pingback: 今週のダイジェスト放送(8月24日) | 突撃!瀬戸のげんき商店

  3. Pingback: サウンドアーカイヴ(後期) | 突撃!瀬戸のげんき商店

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>