いづみ化粧品店

77:「いづみ化粧品店」 【末広町商店街】

・いつまでもきれいを

大手メーカーが専門店用に開発したブランドを販売する化粧品店。品ぞろえの豊かさは、今も変わらず。「化粧品はここに限る」と、長年通い続ける年配客も少なくない。「いつの時代も、女性には『若く、美しくありたい』という気持ちがあります。その気持ちに応えたい」と、店長でビューティーアドバイザーの青山三知子さん(65)は目を輝かせる。

青山さんは、客の要望をしっかり聞きながら商品を選ぶ。化粧品は、直接肌につけるもの。必ずサンプルで試し、肌に合うか合わないか、効果に満足してもらえるかどうかを見極める。「納得してもらった上でしか販売はしません」ときっぱり。最近は無料サンプルが減り、大半が有料となっている。それでも青山さんは「専門店としてここは譲れません。店の負担が増えてでも、サンプルはすべて無料で提供します」とこだわる。

また、サンプル品すべてにマジックで「メーク落とし」とか、「化粧水」などと大きく書いている。「年配には小さな文字では見えないですし、間違えずに使っていただいてこそ効果もわかりますから」。

化粧品の販売だけではなく、エステやメーキャップレッスンにも力を入れている。特に10分間でできる眉のスタイリング(525円)が好評。「眉の形で、見た目の印象は大きく変わります。希望のイメージに合わせて、描き方のポイントとテクニックも教えます」。結婚式や卒業式など、「大切な日のメーク相談も気軽にしてくださいね」と青山さん。

顧客は60代の年配を中心に、ヤングミセスから80代のお年寄りまでと幅広い。「遠くまで買い物にいけなくなった。いいのがあったら買ってきてほしい」という高齢客が増え、洋服やバッグ、雑貨なども店に置くようになって久しい。「私たちが販売するのは“物”だけではありません。サービスという付加価値を含めた“心の充実感”です」と青山さん。女性はいくつになってもきれいになると気持ちが前向きになるという。理想は「この店が女性の元気の源になること」だ。

【あゆみ】
店のルーツは、同市朝日町(銀座通り商店街)にある「みさと化粧品店」(現在も営業)。創業は50年ほど前で、青山さんの夫で店主の潮(うしお)さん(82)の姉・山口みどりさんが開いた。そのしばらく後、店を手伝っていた潮さんが、市内にあった2つの大型商業店舗内にそれぞれ新店舗を出して独立。大型店の撤退に伴い、2店を1本化、現在地の西側のアーケード街の一角で、当時「いづみ」という屋号の複合店内に店を移した。さらに12年前に現在地に移転。複合店の屋号をそのまま引き継ぎ現在に至る。

【メモ】
瀬戸市末広町3の18の2
名鉄瀬戸線尾張瀬戸駅東の「窯神橋」を南へ 瀬戸川左岸沿いを東へ約8分
TEL:0561-82-9306
営業時間:午前9時半〜午後6時(火・水曜休み)

番組に対するご意見・ご感想をぜひお聞かせください。
メール info@845.fm
FAX 0561-97-0845

客の1人ひとりと向き合う青山三知子さん 【写真をクリックで拡大】

客の1人ひとりと向き合う青山三知子さん 【写真をクリックで拡大】

一目で分かるようにと、マジックで書かれた試供品 【写真をクリックで拡大】

一目で分かるようにと、マジックで書かれた試供品 【写真をクリックで拡大】

末広町商店街の中ほどにあるいづみ化粧品店 【写真をクリックで拡大】

末広町商店街の中ほどにあるいづみ化粧品店 【写真をクリックで拡大】

当日の放送はこちらから↓

This entry was posted in 77:いづみ化粧品, 末広町商店街. Bookmark the permalink.

2 Responses to いづみ化粧品店

  1. Pingback: 末広町商店街振興組合 | 突撃!瀬戸のげんき商店

  2. Pingback: 全記事一覧 | 突撃!瀬戸のげんき商店

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>