化粧品のはたや

48:「化粧品のはたや」 【效範西部商店街】

・あなたのキレイを応援

「いくつになっても輝いていてほしい」−。専門店向けブランドのコスメや多彩なエステメニューなどを提供する化粧品店。2代目店主の尾関純生さん(60)、香春美(かすみ)さん(52)夫婦が、役割を分担しながら女性の“ きれい ”を応援している。

1965年ごろ、尾関さんの母、良子さんが現在地に開いた婦人服店が前身。85年ごろに化粧品店としてリニューアルした。

「お肌のこと、メークのことで少しでも悩むこと、迷うことがあれば相談を」と呼び掛けるのは、日本エステティック協会の正会員で、CRC(全国化粧品小売協同組合)公認上級ビューティアドバイザーの香春美さん。カウンセリングをしながら、個々に合った化粧品やサプリメント、美容法をアドバイスしてくれる。

香春美さんによると、肌質は人それぞれ。年齢や季節、体調などによっても変わる。このため、「ライフスタイルや習慣などについても詳しく聞き、体の外側と内側の両面から最適なケアを考えていきます」と話す。単純に販売するだけではなく、「効果に満足してもらえるまでのアフターも徹底しています」と、香春美さん。

同店で力を入れているエステは、「香春美さんとの会話が楽しく心身共に癒される」と好評。1回30〜90分で予約制となっている。気軽に楽しめるトライアルのクイックコースから、マッサージと美白など心身ともに癒すハンドトリートメンスコースまで17種類が選べる。

純生さんによると、まちの化粧品店は時代とともに淘汰されてきた。専用エステ店も増える中、廃業する店も多い。そんな折、「売り上げだけを追求するのはどこか違う。お客さんの役に立つことが大事ではないか」と、考えるようになったという。「店を訪れた女性が、出て行く時には笑顔になっている。これが続く秘訣で、目指すべき店の姿ではないか」と純生さん。

結婚してから「妻が実質の取締役、私は商品の仕入れや配達、送迎など担当の妻に取り締まられ役」と笑う純生さん。今後も「二人三脚のこのままの関係で続けていければ」と話し、「気軽に立ち寄ってもらえる場所でもありたいですね」と、2人は口をそろえる。

【あゆみ】
婦人服店として、1965年ごろに創業。85年ごろに化粧品店として再出発した。化粧品店となった当時、純生さんは父親が経営する陶磁器の絶縁部品製造「尾関電機商会」との二足のわらじをはき、その数年後に同商会を閉鎖して化粧品店に一本化した。

【メモ】
瀬戸市松原町1の36の1
名鉄瀬戸線水野駅北 松原町交差点を西へすぐ
TEL:0561-82-6320
営業時間:平日午前9時〜午後9時
日祝日午前10時〜(第2・4日曜休み)

番組に対するご意見・ご感想をぜひお聞かせください。
メール info@845.fm
FAX 0561-97-0845

女性のきれいを応援する尾関純生さん、香春美さん 【写真をクリックで拡大】

女性のきれいを応援する尾関純生さん、香春美さん 【写真をクリックで拡大】

店内にずらり並ぶ専門店向けブランドの化粧品 【写真をクリックで拡大】

店内にずらり並ぶ専門店向けブランドの化粧品 【写真をクリックで拡大】

松原町交差点西へすぐにある化粧品のはたや 【写真をクリックで拡大】

松原町交差点西へすぐにある化粧品のはたや 【写真をクリックで拡大】

当日の放送はこちらから↓

This entry was posted in 48:化粧品のはたや, 效範西部商店街. Bookmark the permalink.

2 Responses to 化粧品のはたや

  1. Pingback: 效範西部商店街振興組合 | 突撃!瀬戸のげんき商店

  2. Pingback: 全記事一覧 | 突撃!瀬戸のげんき商店

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>