御菓子司 吾妻軒 本店

206:御菓子司「吾妻軒 本店」 【中央通商店街】

・創業大正5年の和菓子店

2014年2月20日にも紹介。
1916(大正5)年創業の和菓子店「吾妻軒 本店」。工芸品のような繊細で美しい和菓子で知られる。季節感あふれる上生菓子の数々は、茶席菓子としても人気が高く、茶道家、陶芸家らからの信頼も厚い。ショーケースには、常に10種類ほどの上生菓子と、こちらも季節感に富んだ干菓子が並ぶ。

のれんを守るのは、4代目店主の安藤礼一郎さん。和菓子作りの名人と言われ、今も現役で店に立つ父・陽一郎さんの教えをかたくなに守り、「添加物は一切使わず、素材の味を生かし、一つひとつ心を込めて手作りしています」と力を込める。

夏から秋にかけては、見た目も涼しげな菓子が並ぶ。水の中を優雅に泳ぐ金魚をイメージした上生菓子や、焼いたアユを写実的に表現した「若鮎」は、食べるのをためらってしまうほどの美しさ。しっとりとした紫色が鮮やかで、白あんに餅を練り込んで仕上げた「キキョウ」は秋の茶席菓子として人気が高い。
瀬戸みやげ推奨品に登録されているのは「陶(すえ)の里」。白あんと栗を練り込んで茶わんをイメージした形に整え、まわりに煎った米粉がまぶしてある。やきもののまちならではの土産としてお薦めしている。

安藤さんは、「花鳥風月をテーマに写実的に表現した和菓子は日本の文化。若い人にも喜んでもらえる菓子を作っていきたい」と話している。

【メモ】
瀬戸市新道町1
名鉄瀬戸線尾張瀬戸駅から川沿いを東へ約600m 徒歩約8分
TEL:0561-82-3825
営業時間:午前9時~午後8時(火曜休み)
地図はこちらから

番組に対するご意見・ご感想をぜひお聞かせください。
メール info@845.fm
FAX 0561-97-0845

焼いたアユをリアルに表現した「若鮎」 【写真をクリックで拡大】

焼いたアユをリアルに表現した「若鮎」 【写真をクリックで拡大】

茶席菓子として人気が高いキキョウ 【写真をクリックで拡大】

茶席菓子として人気が高いキキョウ 【写真をクリックで拡大】

当日の放送はこちらから↓

This entry was posted in 73:吾妻軒本店, 中央通商店街. Bookmark the permalink.

3 Responses to 御菓子司 吾妻軒 本店

  1. Pingback: 全記事一覧 | 突撃!瀬戸のげんき商店

  2. Pingback: 今週のダイジェスト放送(9月14日) | 突撃!瀬戸のげんき商店

  3. Pingback: サウンドアーカイヴ(後期) | 突撃!瀬戸のげんき商店

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>