商店街ギャラリー かわらばん家

126:「商店街ギャラリー かわらばん家」 【銀座通り商店街】

・わが町のアート発信拠点

かつて銀座通り商店街の中にあった古い印刷所を改装して2002(平成13)年にオープンした「商店街ギャラリー かわらばん家」。
狭い間口の入り口を入ると、奥行きのあるスペースに現在28人の常設作家の作品が所狭しと展示されており、陶器、ガラス、アクセサリー等と内容も非常にバラエティに富んでいる。

また月に2回行われる企画展には2階のスペースが使用される。1階からの吹き抜けを取り囲むように展示スペースが確保されており、天井には天窓も備えられていることもあり、非常に明るく開放的な印象だ。

「お客様が入りやすいようなお店作りを目指しています」と語るのは店長の中野順子さん。
喫茶スペースではこだわりの各種スイーツや、好みの作家のカップや抹茶茶碗でコーヒーを楽しむこともできるなど、様々な工夫を重ねている。
ゆったりとくつろげるスペースでお茶を楽しみながら、素敵な作品を見つける楽しみ。そんな癒しの空間をかわらばん家は日々提供し続けている。

【メモ】
瀬戸市朝日町36
銀座通り商店街アーケード西端
名鉄瀬戸線尾張瀬戸駅より徒歩約4分
TEL:0561-89-6775
営業時間:午前10時〜午後6時(水曜休み)

番組に対するご意見・ご感想をぜひお聞かせください。
メール info@845.fm
FAX 0561-97-0845

奥行きのあるスペースに作家の作品がズラリと展示されている 【写真をクリックで拡大】

奥行きのあるスペースに作家の作品がズラリと展示されている 【写真をクリックで拡大】

店長の中野順子さん 【写真をクリックで拡大】

店長の中野順子さん 【写真をクリックで拡大】

西尾の抹茶をふんだんに使ったケーキと好みの作家の器で楽しむことができるコーヒー 【写真をクリックで拡大】

西尾の抹茶をふんだんに使ったケーキと好みの作家の器で楽しむことができるコーヒー 【写真をクリックで拡大】

古い印刷所を改装したクラシカルな外観が特徴 【写真をクリックで拡大】

古い印刷所を改装したクラシカルな外観が特徴 【写真をクリックで拡大】

当日の放送はこちらから↓

This entry was posted in 126:かわらばん家, 銀座通り商店街. Bookmark the permalink.

One Response to 商店街ギャラリー かわらばん家

  1. Pingback: 全記事一覧 | 突撃!瀬戸のげんき商店

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>