ドリームワン あおやま電器

80:「ドリームワン あおやま電器」 【末広町商店街】

・顧客ニーズに細かく対応

瀬戸市の末広町商店街にある電器屋「ドリームワンあおやま」。「テレビがつかない」「冷蔵庫の調子が…」などの修理や、お年寄りが暮らす家では、蛍光灯の取り換えなども電話1本ですぐに駆けつけてくれる。時には、「水道がでない」や「サッシが壊れた」など電器以外の相談もあり、ほとんどのことに対応する。「家の便利屋さん」と呼ばれる地域の頼れる存在だ。

2代目店主の青山義仁さん(55)、文恵さん(50)夫婦が切り盛りする。20年ほど前からリフォームも手掛け、現在は太陽光発電や新築工事まで請け負う。

義仁さんは大学卒業後、大阪の家電販売店で修業を積んで4年後に店に入った。店では父末男さん(81)から社業を仕込まれた。親子2代で「売りっぱなしはしない徹底フォロー」を大切にする店づくりを目指してきた。

家電の納品や使い方の説明など、店主自らが出向いて行っている。「お客様との関係が密になると住まいに関する様々な相談をいただくようになります。そうしたニーズに応えて各種リフォームも増えてきました。ありがたいことです」と青山さん。

同店では、パン焼き器やスチーム電子レンジなど話題の商品や最新家電の実演も行っている。「使い方を説明しながら調理したり、出来上がったものを食べてもらったり。楽しく紹介しています」と文恵さん。実演は商店街の売り出しなどに合わせて2ヵ月に一度ほどのペースで開いているが、希望があれば、随時対応してくれる。実際に試してみたいという人には、無料の貸し出し家電(大型製品を除く)も用意しているという。

青山さんは、「商店街への買い物ついでに、いつでも立ち寄ってもらえればうれしい。家電量販店ではできない細かな商品紹介や使い方の説明をきっちりしますよ」。

【あゆみ】
電器店に勤めていた先代青山末男さんが1957年、婿入りした先の商店街で加藤ラジオ店として現在地に起業した。後に三洋電機の特約店に。加藤電器商会を経て、2011年、パナソニック特約店に衣替えするとともに現店名になった。

【メモ】
瀬戸市末広町2の23
名鉄瀬戸線尾張瀬戸駅東の窯神橋を南へ 瀬戸川左岸を東へ5分
TEL:0561・82・3346
営業時間:午前9時半〜午後7時(火曜休み)

番組に対するご意見・ご感想をぜひお聞かせください。
メール info@845.fm
FAX 0561-97-0845

「家電を含めた住まいのことはお気軽に相談を」と呼び掛ける青山義仁さん、文恵さん 【写真をクリックで拡大】

「家電を含めた住まいのことはお気軽に相談を」と呼び掛ける青山義仁さん、文恵さん 【写真をクリックで拡大】

要望に合わせて家電の実演にも対応 【写真をクリックで拡大】

要望に合わせて家電の実演にも対応 【写真をクリックで拡大】

昭和32年創業のドリームワン あおやま電器 【写真をクリックで拡大】

昭和32年創業のドリームワン あおやま電器 【写真をクリックで拡大】

当日の放送はこちらから↓

This entry was posted in 80:あおやま電器, 末広町商店街. Bookmark the permalink.

2 Responses to ドリームワン あおやま電器

  1. Pingback: 全記事一覧 | 突撃!瀬戸のげんき商店

  2. Pingback: 末広町商店街振興組合 | 突撃!瀬戸のげんき商店

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>