理容ヒロセ

60:「理容ヒロセ」 【新瀬戸商店街】

・楽しく散髪 心もさっぱり

「いらっしゃいませ」。瀬戸市東横山町の理容「ヒロセ」の店内に一歩足を踏み入れると、シャンプーの清々しい香りが漂い、店主の広瀬直勝さん(67)と妻の民子さん(66)の明るい声が響く。この地に店を構えて39年。直勝さんは「お客さんのおかげて続けてこられた。散髪でサッパリ、気分もリフレッシュしてもらえる店をこれからも目指したい」と張り切る。

父親が会社組合の理容店に勤め、従兄も理容師。楽しく働く姿から理容師を目指した直勝さんは、江南市の理容店で修業。有名な理容師の研究会にも所属し、技術大会でチャンピオンになるなど腕を磨いてきた。25歳で独立。名古屋市北区の借家での営業を経て29歳で現在地に店を開いた。民子さんも理容師免許を持ち、2人3脚で歩んできた。

気さくなおしどり夫婦の人柄を慕って訪れる常連客は多い。しかし、直勝さんによると開業して2年ほどは客が少なかった。「行きつけの店があるでしょ。新しいところにはなかなかね」。そのころ、男性パーマが流行し、いち早く取り入れたことで転機が訪れた。若い客が口コミで増え、「店を軌道に乗せることができた」と振り返る。現在は長男で2代目の直明さん(36)も店に立ち、「息子指定の若いお客さんも増えている。世代交代の時期も近いかも」と民子さん。

直勝さんと直明さんの2人は、市内の身体障害者授産施設で散髪ボランティアを続けている。15年以上続く地道な奉仕活動。今は2ヵ月に1度、休業日に出掛け、半日をかけて20〜40歳の30人ほどをカット。「待っていてくれるんですよ。散髪が終わると喜んでくれるのが何よりうれしい」と胸を張る。

直明さんは昨年結婚したばかりで、妻の麻美さん(27)は現在、理容師を目指して専門学校に通っている。「来年には2代4人で店に立つことができそう」と、民子さんは心待ちにしている。

直勝さんは、「地域の人たちに育ててもらった店。お客さんが散髪に来て、心身ともにサッパリ、スッキリしてもらえないようではいけないよね。そのためにも我々が楽しく仕事をすることが一番だと思っている」と話している。

【あゆみ】
現在地に店を構えたのは1976年。直勝さんの父、従兄、民子さんの姉も理容師。

【メモ】
瀬戸市東横山町43
名鉄瀬戸線新瀬戸駅南を西へ徒歩1分
TEL:0561・84・0028
営業時間:午前8時半〜午後7時(火曜、第2・3水曜休み)

番組に対するご意見・ご感想をぜひお聞かせください。
メール info@845.fm
FAX 0561-97-0845

気さくな広瀬直勝さんと民子さん 【写真をクリックで拡大】

気さくな広瀬直勝さんと民子さん 【写真をクリックで拡大】

直勝さんが長年愛用する散髪道具 【写真をクリックで拡大】

直勝さんが長年愛用する散髪道具 【写真をクリックで拡大】

親子2代で営む理容ヒロセの外観 【写真をクリックで拡大】

親子2代で営む理容ヒロセの外観 【写真をクリックで拡大】

当日の放送はこちらから↓

This entry was posted in 60:ヒロセ理容店, 新瀬戸商店街. Bookmark the permalink.

2 Responses to 理容ヒロセ

  1. Pingback: 新瀬戸商店街振興組合 | 突撃!瀬戸のげんき商店

  2. Pingback: 全記事一覧 | 突撃!瀬戸のげんき商店

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>