フルーツのフタバ

103:「フルーツのフタバ」 【效範西部商店街】

・贈答用に特化した高級フルーツで差別化

1977(昭和52)年創業。
陶生病院と青山病院の中間に位置するという土地柄から、お見舞いや寂し見舞いに最適な贈答用高級フルーツを主に扱うことで他店との差別化をはかっている。

姉と2人で店を切り盛りしている堀場克俊さんは「ザルの中に5~6種類のフルーツを入れて、『ひとカゴいくら』という販売をして以来、紆余曲折を経て現在の販売形態に落ち着いた」と話す。

店のこだわりとして、商品の仕入れは毎日行う。また必要であれば、営業中でも追加の仕入れに行くこともある。
こういった小回りの良さは、小規模店舗ならではの強みであると堀場さんは自負する。

【メモ】
瀬戸市松原町1の23の10
名鉄瀬戸線水野駅から徒歩約4分
TEL:0561-83-9510
営業時間:午前10時〜午後7時
(基本年末年始を除き年中無休)

番組に対するご意見・ご感想をぜひお聞かせください。
メール info@845.fm
FAX 0561-97-0845

鮮やかな色彩のフルーツが所狭しと陳列されている 【写真をクリックで拡大】

鮮やかな色彩のフルーツが所狭しと陳列されている 【写真をクリックで拡大】

店内に足を踏み入れるとフルーツの爽やかな香りが店いっぱいに漂う 【写真をクリックで拡大】

店内に足を踏み入れるとフルーツの爽やかな香りが店いっぱいに漂う 【写真をクリックで拡大】

「フットワークの良さを活かして大型店に対抗してやっていきたい」と語る堀場克俊さん 【写真をクリックで拡大】

「フットワークの良さを活かして大型店に対抗してやっていきたい」と語る堀場克俊さん 【写真をクリックで拡大】

フルーツのフタバ店舗外観 【写真をクリックで拡大】

フルーツのフタバ店舗外観 【写真をクリックで拡大】

当日の放送はこちらから↓

This entry was posted in 103:フルーツのフタバ, 效範西部商店街. Bookmark the permalink.

2 Responses to フルーツのフタバ

  1. Pingback: 全記事一覧 | 突撃!瀬戸のげんき商店

  2. Pingback: 效範西部商店街振興組合 | 突撃!瀬戸のげんき商店

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>