平成28年度第6回番組審議委員会議事録

番組審議会議事録

1 開催年月日      平成29年3月30日(木)12:00~13:00

2 開催場所  和処 國

3 委員の出席

  • 委員総数   5名
  • 出席委員数  2名
  • 出席委員の氏名 鈴木忠 加藤克己(敬称略・順不同)
  • 放送事業者出席者氏名 牧オサム(社長) 刑部祐介(専務)

横山昌春(常務)中川由紀(取締役)

 

開会の辞に続き、牧社長より挨拶、忙しいところご出席いただきありがとうございました。今回も年度末で少人数の審議会となってしまいましたが、活発なご意見を頂戴したい。新年度の番組審議委員の変更について報告・相談があった。

 

<番組審議>取締役中川より、4月改編について番組表にもとづき説明した。

*新番組 「We Love商店街」 「ちょこっとストリーム」について番組の趣旨や聴きどころなどを紹介した。

・地域の方が出演し地域ならでは内容の番組が増えて楽しみだ。

 

*瀬戸市行政情報番組「せとまちラジオ」新年度の曜日ごとの内容について説明した。

・木曜日の「瀬戸防災ステーション」と土曜日の暮らしの安全安心情報となっているところに注目、地域の防災訓練で劇場型でなく、ラジオを使ってもっと具体的な被害想定でシュミレーション訓練がやれないだろうか。

 

*3月18日(土)13時~ 文化センター文化交流館で開催した、「みんなで語ろう」瀬戸の歴史文化を全国へ というサンキューが地域コーディネート企画・運営したイベントの、さまざまな地域のみなさんの意見を収録した番組を聞いていただきながらご意見を頂いた。

・意外に、地域に住んでいる人が、地域のことを知らない、となりのことを知らないからとても良い機会だ。

・シビックプライドとなる地域への愛着が高まる良いイベントであり、当日来られない方も多いので、それをラジオで放送することでたくさんの地域の方に聞いてもらえる番組だ。

・パルティせとの玄関口の観光案内所で、瀬戸焼の歴史順に瀬戸を観光するマップなどを提案するというアイディアを取り入れた取り組みができると良い。

・地域の歴史文化を知り、継承するための番組を続けてやってほしい。

 

他に、来年の尾張国総社尾張大國霊神社(国府宮神社)の瀬戸から大鏡餅奉納すると聞いたので、ぜひこの奉納の準備や様子などもラジオで伝えて欲しい、など、ご意見を頂いた。

 

貴重なご意見をいただきまして感謝致します。

来年度の放送・イベントに生かしていきたいと結び、次回5月18日の予定を伝え閉会した。

Pocket