2018年7月01日

長久手、延長戦で力つきる

第100回全国高校野球選手権記念東・西愛知大会

 

1回戦(2018年7月1日 春日井市民球場)

明和6-5長久手

高校名 10 11 12 13
長久手
明和 1x

延長13回(13回はタイブレーク)

投手

長久手:近藤→小林

明 和:長江→加藤

 

長久手、延長戦で力つきる

 

 

13回裏、明和がスクイズ

グラブトスするもサヨナラの生還

9回表、長久手。先頭の山元が出塁

続く山岡も続く

今井の走者一掃の2塁打

2塁で喜びを爆発させる今井

西愛知大会1回戦の長久手―明和は1日、春日井市民球場で行われ、延長12回で決着がつかず、今年から導入されたタイブレークとなり、明和が延長13回にサヨナラ勝ちした。

 

長久手は5-2とリードされた9回表、先頭の松元、続く山岡が連続安打で出塁。1アウトを挟んで今尾が四球を選び満塁の好機をつくり、6番捕手で主将の今井が走者一掃の右中間2塁打を放って同点に追いつき、延長戦にもつれ込んだ。

 

タイブレークは延長12回で決着がつかない場合、前の回からの打順を引き継ぎ、無死1、2塁から始まる。

 

先攻の長久手は13回、先頭の遠郷が送りバントを失敗し、続く松元、山岡がともに中飛に打ち取られた。後攻の明和。先頭打者が送りバンドを失敗したが、次打者が死球で満塁とした後、スクイズを決めて3塁走者がサヨナラの生還を果たした。